« 田村直美インストアーライブinTahara | トップページ | 桃ラー »

2010年3月21日 (日)

のっぽパン

静岡県民の秘密、「のっぽパン」をいただきました。Cimg1952

静岡県内では30年以上前から売っているパンで、静岡県民ならほとんどの方がご存知のようです。われわれ神奈川県民はこの手のパンといえばヤマザキの「ナイススティック」ですが、静岡県民は「のっぽパン」が主流のため逆に「ナイススティック」を知らない人もいるほどです。

「のっぽパン」のスタンダードはクリームですが、チョコ、ピーナッツはもちろんメイプル、カマンベール、富士宮やきそば、ガーリックラスクなど20種類以上があるようです。

今回いただいたのはスタンダードな「クリームのっぽ」、これだけが一番安く130円、その他は150円。賞味期限が2日と短いんです。早く食べないとパンがパサパサになり中のクリームがパンに浸み込んで味が落ちるんだそうです。ですから静岡県民は「のっぽパン」は買ったその日に食べるというのが常識だと。

さっそく食べてみました。

パンの端から一口目からクリームが入っています。パンはふわふわとやわらかい感触です。味は「ナイススティック」と大差はありません。

もともとは沼津ベーカリー(NBS)という所が製造販売をしていたようですが、今はバンデロールという会社が製造しています。静岡県内のジャスコやイトーヨカドーなどで売っているそうですが、のっぽパン専門の「のっぽバンデリ」というお店もあるようで、なんとのっぽパンの移動販売車もあります。

のっぽパンを買うとこんな専用の袋に入れてくれますよ。(写真が暗くてすいません)Cimg1955

静岡に行ったら是非探して食べてみて下さい。静岡県民の秘密に少し近づけるかも知れません。

« 田村直美インストアーライブinTahara | トップページ | 桃ラー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のっぽパン:

« 田村直美インストアーライブinTahara | トップページ | 桃ラー »