« 1984の悪夢が・・・・! | トップページ | 新会社で再出発 »

2010年6月15日 (火)

富士山、幻の滝とグランドキャニオン

5月~6月中旬にだけ雪解け水により出現するという富士山の「幻の滝」。梅雨に入ってしまうともうチャンスがないかと思い見に行ってきました。

場所は”ふじあざみライン”を登った”新五合目”(標高2000m)の駐車場から歩いて20分位の沢。

新五合目に着くとやはり山の天気、少し霧が出ています。11時頃に駐車場に着いて、何人かが向かっている登山口の方向に歩いて行き土産物屋さんで”幻の滝”を尋ねると、なんと反対方向。駐車場まで戻り物資を運ぶブルドーザー道の方へ行くと滝までずっとロープが張ってあります。そのロープに沿って歩くこと20分。大きな沢に着きました。しかしまだ滝らしい物は見当たりません。上の方に人影が見えるので、そこから沢づたいに登ります。

50m位登ると、滝の先端を発見。まだ滝は流れ始めたばかりのようで先端は砂に吸い込まれながらも徐々に延びて行きます。Cimg2106

とその時、近くにいた方に「そこ危ないよ」と注意されました。そう、その時私がいた所は黒い地面の上の様に見えて実は雪の上だったんです。Cimg2110

さらに登ること50m。滝らしい雰囲気を発見。カメラを構えている人に話を聞くと15時位が水量のピークになるとのことでしたが、後2時間もあるし、天候も変わりそうだったのであきらめて早々に下山。Cimg2112 Cimg2113

下山途中にふじあざみラインの途中にある「グランドキャニオン」なる所にに寄ってみました。入り口に車2台位の駐車スペースがあり、”グランドキャニオン”という道標も立っています。車を止め10mほど中に入って行くと、いきなり「自衛隊演習場につき立ち入り禁止」の看板。そりゃないでしょう!道標を立てておきながら。

演習をやっている様子もないので、めげずに入って行くとありました「グランドキャニオン」が。Cimg2114 Cimg2116 Cimg2117

長い間、雨や雪で侵食され、地層がむき出しになっています。さらに進むと最近崩れたかと思われる光景も。なんだか自然に圧倒されて心細くなってきたので、途中で引き返しました。

ここ映画の撮影とかに使えそうな気がするんですが。

« 1984の悪夢が・・・・! | トップページ | 新会社で再出発 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山、幻の滝とグランドキャニオン:

« 1984の悪夢が・・・・! | トップページ | 新会社で再出発 »