« B-1グランプリ2010 | トップページ | 焼津さかなセンター »

2010年9月21日 (火)

ぶどう狩り

首都圏でぶどう狩りというとやはり山梨の勝沼方面がメイン。

そこで私も10年ぶりくらいに勝沼までぶどう狩りに行ってきました。

最近のぶどう狩りのシステムは3つくらいあり、

1 ぶどう園内でぶどうを狩りながら食べる食べ放題。

2 お店で既に取ってきてあるぶどうの食べ放題

3 ぶどう園内で買って買える分だけ狩る(その場では食べられない)

 1と2のシステムは一人1500円から2000円ですが、ピオーネでも1キロ1500円位で売っていますから1キロ以上食べないと元が取れません。でもなかなか1キロは食べれません。そして帰りにお土産も買って帰らないといけないなんていうとかなりの出費です。

1の場合は食べられるぶどうは案内されたぶどう園にある1種類だけ、2の場合はいろいろな種類が食べられます。私の行ったぶどう園は桃まで食べられるようです。

 3は自分で狩ったものを買取り、お店で1房くらい食べて残りをお土産にできるので、比較的安上がり。ぶどうを狩るという楽しみも味わえます。

勝沼に行けばぶどう園はたくさんあるので、我が家は特に店の目星はつけず、行き当たりばったりで飛び込んだお店は「釈迦堂東口園」さん。ここは上のシステムの2か3どちらかということで3を選びました。

狩れるぶどうはピオーネ。今年は粒が小粒ながら甘いということで、ピオーネ1房が約700円位だそうです。美味しそうな房(白い袋がかかっているので中が見えません)を選んで店の方に見てもらいOKが出たのを狩ってきました。程度の悪いものを狩ってきても、お店のほうでいい物に替えてくれるので安心です。100918_1104041

お店に戻り狩ったぶどうを計ってもらった後、1房を食べてみました。甘くて美味しい!100918_1125081

お店では自分で狩ったもの以外に翠峰、ピッテロ、ロザリオ、マスカットなどを試食させてもらいおまけに桃(黄金桃)までご馳走になり、お腹いっぱい。3のシステムで正解でした。100918_1127261

100918_1125201_2 私の古い認識では巨峰がふどうの王様で一番高いと思っていたのですが、既に巨峰が王様の時代は終わっていたのですね。

お店の上のぶどう棚にはこんな大きな房のぶどうがありました。100918_113423

レッドヘレネスコールという種類だそうです。食べてみたかったのですが棚が高くて手が届きませんでした。

この「釈迦堂東口園」さん、中央道のパーキングエリアからも近く、高速道路を降りなくてもPAから徒歩で出てきてぶどう狩りができるという技もあるそうですよ。

« B-1グランプリ2010 | トップページ | 焼津さかなセンター »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶどう狩り:

« B-1グランプリ2010 | トップページ | 焼津さかなセンター »