« 野沢那智さんの思い出 | トップページ | 富士山20101102 »

2010年10月31日 (日)

薪能

今日、東海大学用湘南校舎にて薪能が開催されました。Cimg2255_2

もう20年も前から学園祭の前夜祭に開催されているそうですが、今まで興味もなかったせいか知りませんでした。

この薪能はキャンパスの欅から「欅能」名づけられています。

今日の演目は

仕舞「野宮(ののみや)」(今春流)

独吟「欅」

狂言「箕被(みかずき)」(大蔵流)

能 「正尊(しょうぞん)」(今春流)

でした。これだけあっても無料です。

薪能ですから本来ならば外で薪を燃やして行われるのですが、今日は天候の悪化が予想されるためホールで行われたのでかがり火はありませんでした。会場に入る時にパンフレットと一緒にホカロンも配らるうれしい気配りです。

実は、能、狂言をじっくり見るのは初めてでした。ほとんど事前知識もなかったのですが、最初に私のような人のために教授が解説をしてくれたので良く解りました。

狂言の「箕被(みかずき)」は連歌を題材にした演目ですが、創造していたよりも笑いもあり面白く観ることができました。

能は和風のミュージカルのようです。特に私は大鼓のリズムが気に入りました。影響されやすい私は、もしも会場の外で鼓を売っていたら買ってしまったことでしょう。

« 野沢那智さんの思い出 | トップページ | 富士山20101102 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薪能:

« 野沢那智さんの思い出 | トップページ | 富士山20101102 »