« ミニクーパー ブレーキパッド交換 | トップページ | ブーブーブーわさびカレー »

2014年7月10日 (木)

世界遺産 富岡製糸場見学

昨日、群馬県甘楽郡甘楽町に出張したところ、6㎞先に世界遺産に登録された富岡製糸場があると知り、勤務時間中ではありますが仕事後に見学してきました。

圏央道の厚木~八王子間が開通したので御殿場から東名、圏央、関越、上信越道を乗り継いで3時間程度で到着します。近くなったものです。

平日で、午後3時過ぎということもあり道も、製糸場内も空いていましたが、休日にあの狭い道に観光バスや乗用車が押し寄せると大混雑になるんでしょう。

さて、入口の所で観る製糸場は40年以上前に見た教科書の写真のままのようです。(私の記憶の中では)
Img_2269 Img_0268

入場料は大人500円。解説付きガイドツアーは30分毎にあり無料です。
入口から見える建物は東繭倉庫。敷地奥には西繭倉庫があります。
どちらも明治時代の建物とは思えないくらいの保存状態です。
Img_0738 Img_3873

二つの建物の間は乾燥場の建物があるのですが、今年の大雪のため残念ながらまだ壊れたままです。
Img_3143

東繭倉庫の中では繰糸の実演を行っていました。
Img_3533
繭から出ている糸は非常に細く私の目には良く見えません。
私は生糸と絹糸は同じだと思っていたのですが、生糸は繭から採れた糸そのもので、絹糸は生糸の周りを覆っているタンパク質を除いた物なのだそうです。
触ってみると明らかに滑らかさや光沢が違うことを初めて知りました。

東繭倉庫内にはお土産屋さんがあり、シルク製品や石鹸、化粧品を販売しています。
どれも合成繊維から比べたら高いのですが、迷いながらも私は文庫本用のブックカバーを購入しました。2160円です。
Img_2601
製糸場を出てから自分だけ高いブックカバーを買って、家にお土産も無いのはブーイングが出るだろうと思い、門の前にある土産屋さんでシルク入りのどら焼きを買いました。
Img_4605
生地の部分が滑らかで美味しいどら焼きです。











« ミニクーパー ブレーキパッド交換 | トップページ | ブーブーブーわさびカレー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

とりちゃん ((ヾ(*ゝ∀・*)ノ☆゜+.⊇ωレニちゎ゜+.☆
生糸関係の業務にはついたことがありませんが、私が長年勤めた会社です。
門を出て左へ曲がった右側に、お土産を売っている小さな食堂がありましたが、まだありましたか?
まだ商売をしている様でしたら、土日など混雑して大変でしょうね…などと思っています。
工場の中の売店も狭かったし…ひろくなったのかしら・・

kazuさん
片倉工業にお勤めだったのですか?
あの建物を維持されるのは大変だったのではないかと察します。
門を出て左角のお店でどら焼きを買いましたがそのお店でしょうか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産 富岡製糸場見学:

« ミニクーパー ブレーキパッド交換 | トップページ | ブーブーブーわさびカレー »