« USJ土産 | トップページ | 光琳アート »

2015年2月19日 (木)

「三匹おっさん」読了

有川浩著「三匹のおっさん」を読了しました。
Img_5647

ちょうど1年位前にテレビ東京でドラマ化され放映されていました。
その時には本の内容も知らなかったので視聴しませんでした。
ちょうどその頃にこの本を頂いたのですが、積読のままで1年も経ってしまいました。
本と一緒に番組を録画したDVDまで付けて貰ったのに。

定年退職した主人公の幼馴染み3人が町内パトロールをして悪者を退治するというストーリーです。
読み始めるまではよくありそうなストーリーであまり期待はしていなかったのですが、読み進むと悪者退治が痛快で嵌りました。

6章に分かれていて各章ごとに1つの事件が発生します。
登場人物の家庭も、いかにもありそうな家族関係で共感してしまいます。

読み終わってから続けてDVDも観てしまいました。
三匹のおっさん役は北大路欣也、泉谷しげる、滋賀廣太郎。
ドラマも単純に面白いです。

本のほうも続編「三匹のおっさん ふたたび」が発刊されていますが、ドラマも視聴率が良かったのでしょう、4月から「三匹のおっさん2」も放送されるそうです。

私もあと2年で定年となります。
この3匹のように「じじぃ」ではなく「おっさん」と呼ばれるようになりたいものです。

ところで、作者の有川浩って「ひろし」ではなく「ひろ」と読む女性なんですよ。
この作品の他に「図書館戦争」や「県庁おもてなし課」「阪急電車」も代表作です。
私が頂いた文庫本は文春文庫版ですが、その後版権が移って新潮社版もでているそうです。
と、いうことは文春文庫版は在庫かぎりで絶版。
貴重な1冊になるかな?

« USJ土産 | トップページ | 光琳アート »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

とりちゃん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
電子書籍にもありました。
気にはなったのですが、そのままに・・・
読んでみたくなりました。
それと、作家は男性だと思っていました。
女性だったのですね。情報を了└|力”├_〆(・・ )♪ ございました。

kazuさん
私も作者の代表作に自衛隊物などが多いので最初は男性だと思ってました。
作品を読んでも女性の作品のイメージがありませんでした。
映画やドラマ化も多くされていますが男性だと思っている方も多いのでは?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「三匹おっさん」読了:

« USJ土産 | トップページ | 光琳アート »