« インフルエンザ | トップページ

2017年5月 8日 (月)

モネの池と岐阜のマチュピチュ

ゴールデンウィークも終わってしまいました。

今年は5月2日だけ出勤だったので、3連休+5連休という今までで一番の連休となりました。
会社的には2日に有給休暇を取って9連休も可能だったのですが、GWの前にインフルエンザで連休をしてしまったため、2日は出勤することにしました。

で、せっかくの連休なので家族で何処かに行こうと皆の予定を聞くと、既にそれぞれ予定があり、宿泊は無理で日帰りならOKという状況。

そこで、日帰りで岐阜県の通称「モネの池」と「岐阜のマチュピチュ」に行って来ました。

「モネの池」は関市に根道神社の鳥居前にある池の通称です。
この池が写真誌に掲載され、画家モネの描いた「睡蓮」の絵にそっくりなことから口コミで広まり有名になりました。
でも池には名前が無いことから「通称・モネの池」と呼ばれています。Img_0940
まだ、睡蓮の花は咲いていませんが、透き通った水の中に、睡蓮と鯉が泳ぐ情景は、正にモネの「睡蓮」にそっくりです。
池の大きさはテニスコート位しかないので撮影スポットは大混雑でした。
もし、これから行かれるならば9時位に現地に着かないと、駐車場も池も大渋滞でしょう。

元々観光地では無い場所なので、池を観るだけで1時間程度で終わってしまいます。
時間が余ったので、ここから2時間くらいの揖斐川町にある「岐阜のマチュピチュ」と呼ばれる茶畑がある「天空の遊歩道」にも行ってみました。
Img_0942

ただの茶畑とは言え、山の上から見ればマチュピチュ感はあります。
こちらも最近有名になってきた場所のため、まだ観光地化されていないので駐車場も少なめです。
でも、町の方々が駐車の案内から、遊歩道の地図までくれて説明して頂けます。
小高い丘を登る感じで遊歩道を1周しても1時間位です。

GW中ではありますが、御殿場から先は新東名が出来たおかげで渋滞は無く、朝6:00に秦野中井ICに入り10:30には現地に着くことが出来ました。
ほとんど高速道のドライブですが。

« インフルエンザ | トップページ

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モネの池と岐阜のマチュピチュ:

« インフルエンザ | トップページ